SITE NAVI
就職活動のために面接の練習は欠かせない。

就職活動のために面接の練習は欠かせない。

就職活動を始めていくと求人情報を見て、気持ちを膨らませて、この企業に入りたいと気持ちも弾んで来ます。そのことと同時に気持ちが沈むのが、面接というステップは切ることができないと言うことです。企業側も、筆記試験をしてどんなにいい成績を取っていても、また履歴書を見てこの人はとりたいと思えるような内容であっても、面接を多くウェイトをしめるようにしています。どんなに試験ができていても、人間性が悪くてコントロールがなかなかできない人であれば、企業側も大変だと判断して採用しないという場合もないわけではないと考えられます。だから、面接でありのままの自分を出したとしても、受けてもらえる自分を作っておくことが大切です。

そして、面接を当然、手ぶらで望んでも結果は見えてきます。面接も練習が欠かせません。一番いいのは、先輩や先生に見ていただくことがいいでしょう。それができない時は、文章等を準備しておいて、鏡や、人形に向かって話しかけながら、声を出して準備をすることです。鏡を使う場合は、自分の表情や癖を見ながら練習するとより効果的です。そのように、本番にしっかりと自分をアピール出来るように練習し、準備をして望むことが大切です。だから、必ず面接のために練習をするようにしましょう。